ホームページ

は、照明・撮影・制作などの現場で一貫して映画製作に携わってきた外山透の仕事場です。映画製作の現場を通して洋の東西、古代から現代の「善きものと美しきもの」を追及してきた足跡が記録されています。

去の作品や著述だけでなく、現在もたゆまず進められる創作活動や調査活動の成果――新しいテーマにもとづく取材ノート、調査記録、企画(草案含む)なども掲載されています。

品作りを構想するクリエイター、プロデューサーのみなさんのアイデアプールとしても自由にご活用ください。その際のご一報、また、質問・相談・問い合わせについてはお問い合わせページをご利用ください。

山透についてより詳しくお知りになりたい方はプロフィールページをご覧ください。

山透は2019年9月1日、野口に未整理の遺稿を残したまま黄泉の国に旅立ちました。黄泉の国から新原稿が送られてくるやもしれませんが、とりあえずは遺稿を整理して更新を続けたいと思います。末永い応援をお願いいたします。

本サイトの責任編集:野口壽一
フェニックス・ラボラトリー合同会社代表

プロフィール


『夢想』製作中の外山透


『よみがえれカレーズ』撮影中に野口壽一氏と
(1988年5月15日、アフガニスタン、カーブル)

===================

<外山透>主な作品


『夢想(Dream Window)』
「陰翳礼讃」の集大成
1992年第2回文化庁映画祭優秀作品賞
全米記録映画祭イーグル賞
【エミー賞】技術部門 受賞


1989年 『よみがえれカレーズ』
日本アフガニスタン合作記録映画
監督:土本典昭ほか、原案:野口壽一ほか


1988年 『ありし日のカーブル博物館』


芸術祭優秀賞/教育映画祭最高賞


『PORTRAITS』(アグファコーポレートFilm)


ユネスコと日本映画技術協会の初期会員として。

外山透の全作品および活動歴
ここをクリックすればpdfファイルが開きます。

ブログ

大冒険の人類史

 イタリア北部の都市ボルツァーノの博物館に、遥かな時を旅してきた人物のミイラ化した遺体が安置されている。「アイスマンのエッツィ」である。1991年、アルプス山脈の稜線を歩いていたドイツ人夫妻により、凍結した状態で発見され …

美の継承・故郷・住居の灯り・ “陰影礼賛”=“日本の民家”

 人類の造形は人間の歴史とともに始まる。それは、生活のための衣食住、生存のための呪術、神仏に祈る等の造形、さらに生きることへの自律世界の創造や社会的諸活動の造形等、次々に世界各地でさまざまな形で展開されてきたのである。 …

お勧め

ペルシャ(イラン、アフガン)
=直輸入の至宝の美術品=

もちろん、日常生活にもお使いいただけます。
画像をクリックください。
バーチャル展示場にご案内いたします。

●イラン絨毯&グッズ

●アフガン絨毯&グッズ

●トライバル(ノマッド)ラグ&グッズ

品質は私たちが保証します。
●フェニックス・ラボラトリー合同会社

お問い合わせ